SSブログ
前の10件 | -

Bye For Now(またね!) [またね]

コロナ禍の終息にはまだ時間がかかると思いますが、
皆様お変わりなく、ご壮健でいらっしゃいますでしょうか。

医療従事者の方のご苦労とは比べるべくもないですが
この情勢の中、私に与えられた役割の中で色々と対応しなければならないことが多く
つい最近まで、あまり自分のための時間を使うことができませんでした。

昨年7月以降はFF14をはじめたこともあり、
近況などはFF14のキャラクターの日記を通じて綴っておりましたが
複数のキャラクターを使っている状況だと
書く内容がキャラクターの周辺の出来事に縛られるというか
ちょっと書きにくいなぁという気がしています。

そんな状況の中、こちらのブログで中途半端なまま投げ出していた
記憶のかけらの断片は、上記のキャラの日記の中で一部記しました。

記憶のかけらの結末に触れている内容もありますが
全てではないので、もう一度まとめ直して、改めてこちらで掲載するかもしれません。

今回、久々にこちらのブログに投稿したのは
FF14のキャラ(ルフレ)の日記では書きづらかった内容を補足するためとなります。

現状、FF14の方は休止状態でほとんどインしていない状況です。
GWの終盤にララっ子のキャラで少し繋いでみたものの、その後はまた隠居状態に逆戻り。

コロナ禍の対応で自由に時間が取れないためではありますが
私にとって、2月から5月は、負のスパイラルを生み出してしまう時期という不安があり
オンラインでの人との関わりを避けてしまいます。

負のスパイラルについて、過去に綴った内容
https://excella.blog.ss-blog.jp/2011-04-13

FF14のキャラ(ルフレ)の3月の日記で、同じ件名で綴ったのも、この事にちなんでおり
そして、実は、2月以降、この状態になることはある程度、予測していました。

届け!この想い
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/26863177/blog/4326656/

 ”今回の日記のタイトルの想いの届け先とはなんぞや?ですが
  私の日記を見てくださった方へと自分自身に対して、です。

  自分自身!?と思われるかもしれませんが
  タイムカプセルじゃないけど、自分自身がこの時の思いを忘れないようにするため。
 
  今日会える人と、明日もまた会えるとは限らないと考えるようになり
  人と交流する時にはその時の時間を大切にし、情景を記憶に焼き付けるようにしました。”


エオルゼアの中で、月に向かって吠えたのは何故なのか?
「すべての人に幸あれ」と書いたのは何故なのか?

今まで色々な世界を旅し、人との出会いと別れを積み重ねてきた中で
私にとって、楽しい時間は長く続かないと、悲しい未来予測をしているところがあります。

そして、その次に書いた日記。

トライアングルバランス
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/26863177/blog/4331643/

この日記は、当初は別の内容で、タイトルは「フェードアウト」
ルフレ以外のキャラは隠居して休止するという内容だったのですが、内容を変えて書き直したのです。

内容を修正して掲載したものの、現実には、ルフレ以外のキャラはその後、休止状態となり、ルフレも3月下旬以降は全くインしておらず、過去から続く負のスパイラルの呪縛にまたしても囚われてしまいました。(例外としてララっ子の存在がありますが、ララっ子は別の理由で活動を開始しています。理由については、また、こちらのブログに記します。)

徐々にではありますが、最近は自分の時間を取れるようになってきたので、FF14に復帰して
また楽しい時間を過ごしたいという思いはあるものの、私が戻る事で、何か水を差してしまうのではないかと考えてしまいます。

ですので、ELEMENTAL DCのフィラ(はじまりの冒険者)の活動は停止し、もう復帰はしないことにしました。未練がないわけではないけれど、私が戻った未来図が想像できないので…。

ELEMENTAL DCで所属させていただいたFC Harmonyでお世話になった方々には大変申し訳ありません。

本来であれば直接お伝えすべきところ、このような場所に書くことをお許しください。
短い間でしたが、大変お世話になりました。今後のFCの活動を陰ながら、応援させていただきます。


良くも悪くも、私は、過去の自分が経験したことを自分の道しるべにしようとするところがあります。

そんな中、久々に、昔、PSUで遊んでいた頃の思い出写真を見返して、この時の自分はどう考えていたか、そして、今はもう会えなくなった友人に、こちらのブログを通じて、何を伝えたかったのか思い返していました。

あの時の私は、こっそりと、自称「またね」写真を撮って、次にまた、その人たちと会えることを楽しみに、次に会ったら、こんな話をしよう、一緒にこんな事をしてみようと前向きな気持ちを持っていました。

ふと、今日の日付を見ると、過去に思い出写真のアルバムを作成した日付と同じであることに気づきました。

https://excella.blog.ss-blog.jp/2011-05-18
※過去の自分のメモをほじくり返すと、5/21は忘れないようにと書いてありました。

悪い事ばかりではなく、良い事にも目を向けるようにと私に教えてくれているのかな。

以前にごく一部の方に公開したアルバムですが
こんな辺ぴなところでも見に来てくれる方であれば公開してもいいかな?
(公開しようか、どうしようか悩んでいたら、今日5/21が私にとって大事な日である事を思い出し、きっと、この事をきっかけに前向きに考えて、ということなのかもしれません。)

http://30d.jp/excella/1
合言葉 いつまでも

http://30d.jp/excella/2/
合言葉 ありがとう

各写真のコメントに説明を入れてあります。
nice!(0)  コメント(0) 

冒険を求めて ~エオルゼアの地へ~ ※追記、内容更新あり [FF14]

随分とご無沙汰しております。

ブログを7年ほど放置してしまいました。
ご心配いただいた方もいらっしゃるかもしれませんが
便りが無いのは良い便りとご容赦いただければと思います。

PSO2正式サービス前に綴った記事から、ブログが途絶えてしまっておりますが
2012年の正式サービスから、今年2019年6月頃まではPSO2をPlayしておりました。

何度かPSO2に関しての記事を書こうとしましたが
ブログの主題である「記憶のかけら」として記してきた今までの内容と比べると
PSO2ではオンラインでのコミュニケーションの機会が乏しく
取り立てて、書きたいと思えるほどの題材や出来事には巡り合うことができず
結局、何も書けないまま、今となってしまいました。

このまま、何も書けないままの状態が続くのもどうかと考え
PSO2は引退して、新たな冒険の場所「エオルゼア」に旅立つことにしました。

この空白の数年間、すっかり冒険心を失ってしまいましたが
再び、以前のような、ワクワクした冒険心を取り戻して
また、「記憶のかけら」を綴っていければと考えています。

こうして文章を綴るのも久々で、長いブランクがあるため
こちらのブログの更新はもう少し、勘を取りもどしてからにします。

それまでは、FINAL FANTASY XIV公式プレイヤーズサイト
「The Lodestone」の各キャラの日記にて近況を記していきます。

https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/26502085
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/26863177
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/27754042

※3人目の日記は書くかどうか、検討中。

無謀にも複数ワールド、複数キャラで活動しています。

現在主に活動しているキャラは、上記の3キャラで
メインストーリーの進行やメインジョブのレベルは同じくらいです。

表現が適切ではありませんが、三者三様、エオルゼアでいろんな体験をし、日夜勉強中。

FF14をはじめるにあたり、当初は、国内各DC(データセンター)に1人づつキャラを作成して活動することを考えておりました。

何故、各DCにキャラを作る必要があるのかというと
FF14ではユーザー主催のイベントが開催されており、各DCに少なくとも、3国(グリダニア、ウルダハ、リムサ・ロミンサ)移動可能なキャラがいれば、各サーバーのユーザー主催イベントを見てまわれるなぁと思ったからです。

※ユーザー主催イベントは以下のサイトの内容を見て、大変関心を持ちました。

 http://eorzeaartisanlife.com/eventmap
 http://eorzeaartisanlife.com/event/post-613
 http://eorzeaartisanlife.com/

各DCにキャラは作っているものの
今のところ、3国移動可能なDCは、GaiaとElementalになります。

※実はPSO2でも、各SHIP(サーバー)を旅したのですが、その話はいずれまた。

時間を持て余しているというわけではなくて
平日はインできても1時間程度、週末に時間が取れる範囲でゆっくり進める感じです。

1つのサーバー、1人のキャラに専念した方がよいと思われるかもしれませんが
こちらのブログに綴ってきたように、世界の見た目は同じ場所であっても
サーバーが異なると、1つの視点では気づけなかった体験や発見があります。

掛け持ちではいずれ無理が出てくるでしょうが、しばらくはこの形で行きます!

いつまでも冒険者の心を忘れないように
https://www.youtube.com/watch?v=xck829ffC3k

はてさて、記憶のかけらの最後の話は書けるのだろうか…。

かれこれ10年以上前のことなので、記憶が欠落しているので
今となってはもう細かい情景は書けないですが、結末は綴りたいです。

https://excella.blog.so-net.ne.jp/2010-03-09
https://excella.blog.so-net.ne.jp/2010-03-02


2019/9/1追記
掲載していなかった過去の記憶のかけらを追加しました。
過去日付で投稿できないようなので、この記事の直前に挿入しています。

2019/11/20追記
こちらのブログに綴ろうと考えていた記憶のかけら「偉い赤魔導士を目指して」は
ずっと書かずに記憶の片隅に置いていたのですが、FF14のエオルゼアでの日記の内容に
織り交ぜて掲載することにしました。

https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/26863177/blog/4278351/


記憶のかけらを綴る上で、もう一度ヴァナ・ディールにも行って、記憶の足跡を辿ってみたいなぁ。

ヴァナ・ディールの星唄 -Rhapsodies of Vana'diel
https://www.youtube.com/watch?v=JRoa5bUA7L8

History of Vana'diel
https://www.youtube.com/watch?v=8HMe_y-x2D8

FF11 まったり見よう!Vana'dielの世界
https://www.youtube.com/watch?v=kzrmwcSizIY

FFXI 狙って見よう!Vana'dielの世界
https://www.youtube.com/watch?v=iesY1XssACM

FF11 ジュノ・クリスマスのテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=IhR2yf9IgLk

nice!(1)  コメント(0) 

小さな冒険者、参戦! ※追記、内容更新あり

エクセラです。

今回はちょっと私信を含めた内容です。

8月、9月と、プライベートな時間がなかなか取りづらい状況が続いています。

8月前からFF14をはじめてみたものの、あまり進展しておりません。

FINAL FANTASY XIV公式プレイヤーズサイト「The Lodestone」(通称ロドスト)で
他のプレイヤーの方の日記を読むと、はじめてから1ヶ月くらいの方でも
レベルが結構上がっているし、メインクエストは進んでいるしで、私とは時間の使い方が違うようです。

もっと純粋にゲームの世界に没頭できればいいのですが
どうしてもリアルの仕事の事とかを引きずったままログインすることが多く
特に平日や日曜日の夜などは、次の日の仕事の事を考えてしまうため、サブクエストや、ギャザリング、クラフティングをやったり、スクリーンショットを撮って終了ということが多いです。

前々回の記事で無謀にも2つのワールド(2キャラ)で活動していると記しましたが
上記の状況のため、どちらのキャラも中途半端に停滞しています。

9月には3連休が2回もあるので
よーし、ここで挽回しよう!、インしたら、あれしよう!、これしよう!!
と意気込んでいたのですが、今回の3連休でいきなり躓きました。

詳細は書きませんが、こういう時に限って、色々と仕事に関する問題が起こるもので
私の場合は、平日、休日、昼夜関係なく、問題が出たら対応しなくてはならず
3連休2日目の早朝に、管轄サーバーの異常検知の通知メールが届き、お休みは吹き飛びました。

※通知メールは日々24時間、私の都合など関係なく問題発生時に無慈悲に届きますので
ゲームしている時も異常検知の通知メールが届いたら、速攻ログアウトしますのでご了承下さい。(FF14だと、IDの途中とかに通知メールが届いたらどうしようかと思いますが、あれやこれや考えるとゲームを楽しめなくなるので、なるようになると、その時に対応を考えます。)

早朝から色々と対応、関係各所へ連絡、復旧後は状態監視で精神がすり減ってしまい
対応完了後、ゲームとか他の事をやる気が湧かず、お楽しみは次の連休に持ち越すようにします。

とは言うものの、休みの日でさえ、仕事に拘束される(精神的にも)のは悲しいので、気分転換を図ることにしました。

ここまでの内容はブログタイトルとは関係のないような前振りでしたが…
実は…、FF14でまた新キャラ作りました!(爆)

https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/27410247/
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/27410058/

FF11で使っていたタルタルの男の子をFF14でリメイクしたらどうなるだろうとキャラメイクしてみたら、いい感じの容姿になったので、気に入って、しばらく冒険してみました。

ウルダハの街をウロウロし、序盤のクエストとか呪術師のクエストをやっていたら、癒されて、ほっこりできました。

呪術師のクエストは今回はじめて受けてみましたが、ココブキ達、兄弟のやり取り、セリフが面白いですね。

他のクラスのクエストも、それぞれ個性的なNPCが出てくるので、クラスクエストはやっていて楽しいです。

時間がないと言いながら、何故わざわざ別キャラを作ったのかと思われるでしょうが、私はいまだリテイナーを雇えないにも関わらず、ギャザラー、クラフターに手を出してしまい、持ち物が満杯で身動きが取れなくなってしまったため、早々に倉庫キャラが必要になったこと、今後、実現できるかは未確定ですが、光のお母さん計画を考えており、2人乗りチョコボをGETしたかったからです。

私の悪い癖で、倉庫キャラでも育ててしまうため、このキャラをどう使っていくかは今後の状況次第となりますが、ララフェルの左右に揺れる座りエモは破壊力抜群なので、精神的に参っている時の癒しキャラになってくれるといいなと思います。


思い起こせば、丁度2年前のこの時期に入院しており、9月は私にとって要注意かもしれません。

リアルの事はあまりブログに書く気はないのですが、入院にまつわる話は想定外のことがあり、「走れ!エクセラ、病院帰還刻限:17時半 簡易手術と麻酔直後、封じられた声、点滴針を刺したままの強硬外出」のようなタイトルで掲載するかもしれません。(サスペンス劇場みたいな超長いタイトルなので、掲載するとしたら短いタイトルにします。)



(余談1)
当初、今回のブログタイトルは、「QQQのバタンQ」でした。

「QQQのバタンQ」とは、当ブログの初期に記しておりますが
「とんがり帽子のメモル」の挿入歌「ゴロニャン体操のうた」の歌詞で使われていたものです。(歌:永井一郎さん)

https://excella.blog.so-net.ne.jp/2009-09-09

以前に掲載したリンク先は現在はアクセスできないので、改めて、別のリンクを掲載します。

「とんがり帽子のメモル」第1話
https://www.youtube.com/watch?v=SluBcSlPRvg

※「ゴロニャン体操のうた」は、冒頭と終盤にかかります。

「ゴロニャン体操のうた」 歌詞
https://animesongz.com/lyric/1666/14405

(余談2)
今回の連休は、別の事でリフレッシュ&リトリートすることにしました。

前から見たかった「スーパーガール」を見て、元気をもらっています。
https://kaigai-drama-board.com/posts/18558

https://www.youtube.com/watch?v=bCE6ECfTK98
https://www.youtube.com/watch?v=39gKm8lYdDU
https://www.youtube.com/watch?v=Yx9acOm6tms
https://www.youtube.com/watch?v=4he8sddIZUc
https://www.youtube.com/watch?v=XyDIMQmN38c

私はシーズン1をU-NEXTでレンタルして見ていますが、レンタル期間中には見きれないですね…(吹替版、字幕版両方見ようと思うと、レンタルだと時間的に無理><)

…と思って調べてみると
Huluだとシーズン1から3まで、Hulu会員であれば、いつでも見れるのですね。

まだHulu会員でない方は、2週間の無料トライアルで見ることができます。
シーズン1の1話目から5話目だけ見ても十分楽しめますので、お試しにどうぞ。

※無料トライアル中(2週間以内)に解約すれば、月額料金はかかりませんが
 解約しないと2週間経過後に支払いが発生しますので、注意です!
 
5話目でFBIの捜査官に偽装した超常対策局(DEO)長官ハンク・ヘンショウに対し
グラントさんのセリフで「モルダーさんでしたっけ?」というのがあって、ニンマリ。
(字幕版では、わかるようにルビで強調されています。)

セリフの中で他作品の地名や人物名が出てきたり、細かいところまで面白いです。

<おまけ>モルダー、あなた疲れてるのよ
https://moto-neta.com/net/anatatsukareterunoyo/

半年ほど前に終了した速水もこみちさんの『MOCO'Sキッチン』も、時間の合間に見てみようかな。


(余談3)
ブログタイトルの「Retreat(リトリート)」には、以下の意味を込めています。
https://maynakamura.com/2018/08/34-what-is-retreat/

今回の内容、あっちこっちに話が飛んで、詰込み過ぎ(反省)
nice!(0)  コメント(0) 

元気だしていこ! [FF14]

エクセラです。

最近はブログ以外の場所ではこの名前を出すことはなくなり
オンラインの中での今の自分はどれなのかと疑問に思うことはありますが
オンラインやゲームの中の世界にいる時は、心おだやかに純粋に楽しいことを考えるようにします。

前回の記事で記しましたが、一月半くらい前からFF14をはじめて
平日は時間を取りにくいのですが、時間が取れるときはエオルゼアの世界に遊びに行っています。

こちらのブログでもエオルゼアでの出来事も綴りたいところですが
まだブログの再開リハビリ中(?)ということもあり、今後のお楽しみにということで
今回は話題を変えて、見て元気の出る動画、聞いて力が湧く歌を紹介します。

【PART1: 元気だしていこ!】
 「FFXIV光のお父さん」主題歌GLAYの『the other end of the globe』で動画作ってみた。
  https://www.youtube.com/watch?v=CZygyueG_Kw

  Hello EORZEA! 君はいまどうしてる?:)
  https://www.youtube.com/watch?v=4sN97w20wDQ

 【歌詞付】Brave Heart 宮崎歩【デジモンアドベンチャー挿入】
  https://www.youtube.com/watch?v=chteZXqFnc4

 【歌詞付】Break up! 宮崎歩【デジモンアドベンチャー02挿入】
  https://www.youtube.com/watch?v=s0LrJa0izgQ

【PART2: レッツ!ダンス】
 【踊ってみたら覚醒した!】京成本線でレッツ!ジュウオウダンス 【動物戦隊ジュウオウジャー】
  https://www.youtube.com/watch?v=PwvuEDEumqE

  ※この親子は微笑ましくて、ほっこりします。
   お子さんより、お母さんのなりきり度がハンパなくて、他の動画もお勧め。
   動画には出てこないけど、撮影にはお父さんが協力してるんだろうなぁ…。

   https://www.youtube.com/watch?v=ZU7yhIKOiU4
   https://www.youtube.com/watch?v=_QC0x73WqDg

  ※素人ではないとは思いましたが、鈴川絢子さんはよしもとの芸人(鉄道芸人)の方なのですね。
   『アメトーーク』にも出演されていたようです。

  レッツ!ジュウオウダンス ニンニンジャー VS ジュウオウジャー Ver
  https://www.youtube.com/watch?v=rPbqj0544so

  Vシネ 帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー『レッツ! ジュウオウダンス』
  https://www.youtube.com/watch?v=APpxXyVVCmk

  レッツ!ジュウオウダンス イベントVer
  https://www.youtube.com/watch?v=XGUugG-geQk

  風切大和が教える!レッツ!ジュウオウダンス
  https://www.youtube.com/watch?v=7qPYAv8YLJo
 
  風切大和が教える!レッツ!ジュウオウダンス 2番
  https://www.youtube.com/watch?v=N8WCs9NFDJw

  結構前に放送終了した番組のジュウオウダンスの話題を
  なぜ、今更取り上げるの?、ブログ再開後の話題がこれ!?
  とツッコミが入りそうですが、語ると長くなりますので
  細かいことは抜きにして、聞くだけでも気持ちが明るくなるし
  聞いていると仕事が捗るかな、ブログの更新が進むかなと真面目に考えています。
 
  ジュウオウジャー本放送時に
  電車の中で、「レッツ!ジュウオウダンス」を歌っているお子さんがいて
  すごく歌がお上手で聞き惚れてしまい、下車駅を超えても電車を降りず
  最後まで聞いたことがあります。
nice!(0)  コメント(0) 

Seraphic Retreat ~再会と別れと:ただいま、もう一つのヴァナ・ディール~ [記憶のかけら(FF11)]

エクセラです。

前置きなく、過去の記憶のかけらを続けて、掲載します。

2009/10/某日
私は、以前まで別のサーバーで生活をしておりましたが
今は、Seraphで、LSメンバーの皆さんと楽しい日々を過ごしております。

10/7に新サーバーへ移住される方も多いらしく、
LSメンバーの方のフレの方の中にも移住される方がいらっしゃるようですね・・・。

私の前のサーバーのフレの方で、違うオンラインゲームがきっかけで知り合い
一緒にFFを始めた方が、この度、新サーバーに移住される事になり
同じく一緒の仲間だったフレの方と共にお別れ会をする事になりました。

10/5は、そんな理由から以前のサーバーにログインしてきました。

静かな所で話をしようと言う事になり、連れられるがままに旅団本のVol.2の表紙の場所に。
久々に会って、昔のようにまた話をするうちに、心が揺れました。

以前のLSのメンバーの方々からも、暖かい言葉をかけて頂き
返す言葉もうまく出てこなかったです。

この2日ほど考えて、以前のサーバーにも顔を出す事になりました。
Seraphのキャラと掛け持ちとなりますが、お許しください。


2009/10/某日
またまた日記が滞ってしまいましたが
10/5に、縁の深かった知り合いと神々の間で語らった事がきっかけで
10/5の週は、私にとってのもう一つのヴァナ・ディール、「Alexander」に
舞い戻って過ごしてきました。

数ヶ月ぶりにアレクにひょっこり顔を出したこともあり
他の知り合いや、所属していたLSの方々から次々と
今までどうしていたのかと問い詰められたり(軽くですが)
激励のお言葉を頂いたりと、対応におおわらわとなりましたが
今尚、私の事を忘れないでいてくれた事に心にこみあげるものがありました(;-;

LSリーダー
「またレベル上げて、PT組んでいろんな所へ行こうぜ~!」

そんな言葉をかけられては、
今は、「Alexander」を離れ、「Seraph」で生活しているとは言い出すこともできず
このまま、また去っていくわけにはいかない…。

こうしてまた、アレクの住人にも戻る事を決意し
ヒューム赤Lv29(ウィン所属)、タルタル黒Lv29(バストゥーク所属)、
アレクのモグハウスの片隅に残してきた2人を長い眠りから覚まさせ
隠居生活から開放しました。

”無理をしない範囲でそれぞれのヴァナ・ディールの生活を楽しもう…。”


他のオンラインゲームで知り合った仲間が集ったアレクのヴァナ・ディール。
知り合いがさらにその知り合いを呼び、どんどん賑やかになる一方
しかし、皆が選んだ所属国はバストゥークでした。

立ち上げから参加した知り合いのLSのメンバーでも
ウィン所属は私1人で、他は皆、バストゥーク所属。
(ヒュームを選ぶ人が多かったり、当時バストゥークが
コンクエ1位を独占していた事も関係あったかもしれません。)

当初は、赤ヒュームをバストゥークに長期滞在させて対応していたのですが
そうしている間に、ウィンで知り合ったフレンドと離れ離れの日々が続き
その後、もう会えなくなってしまった人がいて…
(先日、Seraphで詩人クエをやりましたが、この時の事を思い出してしまいました;;)

そんな状況から、バストゥークに2人目のキャラ、黒タルが生まれました。

ジラートが導入される前の、人の集う場所が今とは違ったヴァナ・ディール。
(ブブリムもバルクルムに負けないくらい連夜、レベル上げPTで賑わっていました。)

それぞれの国と国とを隔てる距離がとても大きく感じました。
そして出会いと別れも色々、体験しました。


さて、そういう話はさておき、アレクの赤ヒュームを育てよう。
もうSeraphのキャラにレベルを追い抜かれているし^^;

でも、Lv29でカザムパスなしだと誘われなさそう(爆

と言う事で、手始めに、アレクでもカザムパスの鍵取り開始!

気づかれないように、こっそり1人で取りに行ったのですが
場所が場所だけにバレバレなようで、途中からアレクのLSの方が
手伝いに来てくれ、おかげで鍵は3つ揃いました。


カザムパスも取れたので、PT参加希望を出しながらジュノをうろうろ。
アレクだとまだまだ「ルルデの庭」で待ち合わせされる方が多く
サーバーが変わると、同じヴァナ・ディールと言えど、色々と違いがあります。

”アレクでPT希望を出すなんて、何ヶ月ぶりだろう?”
そう思っているとアレクのLSの方と遭遇。

私のPT希望のマークを見るやいなや
「PT希望出すなんて何ヶ月ぶり??」

自分でも思うのですから、指摘されて当然かな^^;
(見つめられて色々と調べられました^^;)

そうしているうちに、PTへの誘いが来ました。
狩り場は、やはりカザムとの事。

しかし、カザムに着いてみると平日の夜だと言うのに、人が多かった為
PTメンバーのエル白さんの提案で狩場をユタンガ大森林の奥地に変えることにしました。

チョコボを駆って、ユタンガの迷いの迷路へ出発

「ついてきて」と颯爽と先導役を務めてくれたエル白さんでしたが
そのうち、「えっと…」と迷われ、PTのほとんどが道を知らないため
みんなでしばらく、さ迷う事に。

気がつくと、ヒューム黒さんだけ、いつの間にか先に進んでます。
「こっちだよ」とヒューム黒さん。どうやら、ここの道は把握しているみたい。
調子よく、「そうそう、こっちこっち」と途端に思い出したように言うエル白さん。

そして狩り場として案内されたのは、海蛇の岩窟前の滝の所。
「ここで魚を狩りましょう、このレベル位のPTで前に美味しかったよ~。」

”魚が相手・・・。20代で戦う相手だろうか?”
そう思ったものの、エル白さんの言葉を信じてみる事にしました。
※PTはLv27~29のメンバー

が、心配した通り
魚(Makara)を相手に狩りを始めるも、強すぎて
前衛Lv29のガル戦士さんのHPがあっという間に減らされていきます。
エル白さんと必死に、回復しましたが、MPが尽きてしまい、ガル戦士さん死亡;;
残ったメンバーで必死に倒しました…。

尚も強気なエル白さん
「今のは手ごわかったね。危なくなったらエリアチェンジで逃げましょう。」

と言う訳でガル戦士さんの回復を待って仕切り直し。

魚2匹目。
PTメンバーボロボロに傷つきつつも、ぎりぎりで勝利。
救援を出したような気も(T-T)

魚3匹目。
またガル戦士さんのHPが見る見るうちに減っていきます。

侍Lv27さんの悲鳴
「ダメージ入りません。0です;; 無理です。」

ガル戦士さん、2度目の死亡。

エル白さん
「エリアチェンジで逃げます。」

涙、涙でガル戦士さんを残し、エリアチェンジで逃走…。

そして。

エル白さん「ここで狩るの無理だね。」

”もっと早く、私から、無理ですと進言すれば良かった…”

でも、悲劇はここで終わらない。

ガル戦士さんの回復後。

エル白さん
「ターゲットをゴブに変更します。」
「ノーグに向かって、そこで死にデジョンして、カザムに戻って
 ゴブを狩ります。」

ガル戦士さん
「おおー、ノーグ行くの初めて。」

ガル戦士さんがノーグと聞いて、わくわくされ
元気を取り戻したのでノーグに向かうべく、海蛇の岩窟を進みます。

が、その後、PTメンバーはノーグに辿り着くことはなく…。

途中、PTメンバーのスニークが切れてしまい、蟹に襲われました。
PTで救おうとしたものの、エル暗黒さんを残し死亡。
エル暗黒さんは通りかかった高レベルのエルさんに助けてもらい、かろうじて生存。

心優しいエルさん
「レイズするから着替えてくるね。待ってて。」

その暖かい心遣いを真面目に受け取められたエル暗黒さん、
待っている間、他にレイズナーさんが通りかかって
「レイズしましょうか?」と言ってくださったのですが…。

エル暗黒さん
「レイズナーがもうすぐ来てくれるから大丈夫です。」

通りすがりのレイズナーさんは手を振って去って行きました。

その後、スニークのかかっていないエル暗黒さんが
無常にも、蟹に絡まれ、骨にも絡まれる姿が目に映りました。

エル暗黒さんの最後を見たエル白さん
「HPに戻ります。」

心優しいエルさんのレイズを待たず、PTメンバーが次々とHPへ戻っていきます。

そして、エル白さん含め2人ほど、ジュノのHPに戻っています;;

”カザムに死にデジョンすると言っていたような?”

エル白さん
「時間も遅いので、ここで解散します。」


ただいま、もう一つのヴァナ・ディール。
ただいま、アレク。そして故郷ウィンダス。

久々の復帰戦。無残に散ってきました^^;
Lv28まであと僅か…。

また今度、頑張ろう…。


nice!(0)  コメント(0) 

Seraphic Retreat ~2つのヴァナ・ディール~ [記憶のかけら(FF11)]

エクセラです。

今回は、記憶のかけら(FF11)から
2人目のキャラクター(Pherret)と3人目のキャラクター(Phirament)の同時ログインの体験記を掲載します。

--

2009/12/某日
この日、PTに合流するべく、ジュノ港に向かっていた所
「ラフィさーん」と近くで呼ばれ、思わず反応して立ち止まってしまいました。
まわりを見渡すと、それっぽい名前の方がいらっしゃいました。
ラフィさんって意外に多くいるんだ…と思いつつ
何かの前兆?? 誰かが私を呼んでる?? とは考えすぎ^^;
ラフィはネット世界での私の本当の名前。この名で呼ばれると嬉しかったり(^-^)
セラフにもこっそりRaphielの名が予約済なのは内緒。


2009/12/某日
メインでログインする前に、倉庫キャラでクリスマス限定?の花火を貰いに
走りまわっていました(忘年会用^^)。

すると、モグ前にて、LSの方にバッタリ遭遇。
そのままモグハウスに駆け込んでしまった為、別キャラでモグを出た時に手を振りました。

その後、メインでログインし、倉庫キャラのいるPS2を終了しようと
コントローラーに触れると、間違って以前のサーバーのキャラをログインさせてしまいました。

また1ヶ月半くらいアレクから消息を絶っていた事もあり
この日初めて、セラフ、アレク同時ログインで対応しました^^;

セラフでは、LSメンバーのケモリンクエのお手伝いで、時間まで現地でカカシと化し
アレクでは、偶然にもLSリーダーの方とばったり再会、一緒に釣りに出かけ
2時間ほど釣りをしながら、久々の会話を楽しみました。
私が姿を消している理由は全く聞かれず、以前と同じように接してくださる…
アレクの方ももう少し、顔を出さねばと思いました。
釣り場は、私の行きつけの場所、西ロンフォールのルフェ湖。
アレクだと他にライバルがいないようなので、堀ブナ釣り放題でした。
(セラフだとライバル多いです。)

LSリーダーの方は既に釣りスキル皆伝との事で、太公望の竿を手に入れて
幻の魚を釣り上げるのが目標だそうです。
(LSも釣りLSに変貌しつつあるようです)

この日の釣りの成果
私      堀ブナ 2ダース、ザリガニ 2匹、錆びたバケツ 1個
LSリーダー 堀ブナ 8ダース他

やはり、格が違いますね^^;

LSリーダー
「ラフィさん、正直に言うとな、釣りは儲かるぞよ^^ 頑張れ」

私も釣りスキル上げねば^^(アレクもセラフも)

nice!(0)  コメント(0) 

Seraphic Retreat ~Seraph:迫り来るエルヴァーンの魔の手~ [記憶のかけら(FF11)]

エクセラです。

今回は、記憶のかけら(FF11)から、3人目のキャラクター(Phirament)の体験記を掲載します。

Seraphサーバーで所属したLSの日記より。

--

この日もバルクルム砂丘で白のレベル上げをしようかとPT参加希望を出していました。
私が、3日続けて参加希望を出すのは珍しいかも^^;

”今日も良い出会いがあるといいな・・・。”
そう思っていると、誘いが来ました。

「組みませんか?」
その一言のみ。

なんだか胸騒ぎがして、断りのTellを入れようとしたものの
誘いの言葉で判断するのは良くないと思い直し、その誘いに乗ってみることにしまし
た。

「私で宜しければ、お願いします。」
そう打ち込んで、Tellを送ろうとするよりも早く、PTからの誘いが届きました。
でもキーを打つ手は止まらず、そのままTellを返してしまいました・・・。

少々、不安を感じたものの、その誘いを受け、PTに参加することに。

ところが・・・。
PTメンバーは、私と、誘ってくれた方の2人のみ。
白を先に誘って、他のメンバーを誘っているのだと思い、

「他の方誘うのを手伝いますね」
と声をかけてみたのですが、無言。
何度か声をかけても、さらに無言・・・。

反応がないので、その方のいる場所に行って、直接話しをする事にしました。

すると・・・。
近づいた私に気づき、その方(エル戦士? anon^^;)がのっそりと立ち上がり
「剣が欲しい。」と一言

「剣???」

「剣が欲しいから、オークを狩る」

「2人で狩るということでしょうか? ロンフォールで? オークを??」

「剣が欲しい。」
再び、呟くと、トレードのウィンドウが開きます。

”ひー^^; クレクレ君かな?”

「私、見ての通りの白魔道士です。
 剣は持っていません。差し上げる物はありません。」

クレクレエルさんに、圧倒されつつも毅然とトレードを断ったのですが

尚も
「剣が欲しい。」
「剣が欲しい。」
「剣が欲しい。」
とトレードを迫ります。

あまりの勢いにちょっと困惑してしまい、

「変な方に捕まりました・・・どうしましょう?」

とLS会話で言ったつもりが、PT会話で言ってしまいました(ひゃ~^^;

怪しい人には違いないけど、直接的に悪い事言ってしまった~^^;;

「ごめんなさい。突然、剣が欲しいと言われて、困惑してしまいました。」

でも、私の言葉を理解していないのでしょうか?
「オークを狩る。ラテーヌに移動する。剣を買う。」
それしか言いません(爆

そして
「剣を取り替えたい。剣が欲しい。」
とまたトレードを申し込んできます。

・・・閉口。

「通しているか?」

「??? 通している? 通じているかって意味でしょうか?」

”もしかして外国人の方??”
”でもサーチで調べると、JP限定になっているけど・・・??”
”う”~~~~~~~~
 ・・・まっ、いっか。
 剣あげよう。それで満足してくれるなら”

なんだか敗北した気分だけど、この際仕方ない・・・。

「さっきはすいません。剣差し上げます。どんな剣が欲しいのですか?」

「ロングソード」(きっぱり)

”!!
 ロングソードなんて私でも節約して買わなかったのに・・・(;-;”

「すいません、ロングソード持ってません」

「ロングソード」(きっぱり)
またも開くトレードウィンドウ。

「申し訳ありません。ロングソードは持っていません。
 ・・・
 あ、アイアンソードでいいのなら差し上げます。
 それでもいいですか?」

「剣が欲しい」

”はいはい、もうすぐあげますから(T-T)”

「街に戻るのでついてきてください。」
「ついていく。街に戻る。」

こうして南サンドリアの街に入りました。

「どこにいる、どこに行った?」

迫り来る、エルヴァーンの魔の手。
剣が欲しくて、もういてもたってもいられないようです。


あいにくアイアンソードは倉庫キャラに預けていたので
一度ログアウトしなければならず、ログアウトするのを口実に
逃げたと思われるのも悲しいし、ウィンのクエで取った
20代に愛用したアイアンソードをあげるのも気が引けたので
南サンドの競売でアイアンソードを買って差し上げました。

クレクレエルさんはトレードを受けるや
すぐさまアイアンソードを身につけ、暫し、剣に心奪われています。
(この姿を見る限り、純粋に剣が欲しかったんだと思いましたが)

”今だ! 今しかない。”
「用事があるので、PT抜けます。オーク一緒に狩れなくてごめんなさい」

返答なし・・・。


クレクレエルさんにもうつきまとわれないよう
サンドリア脱出を考えましたが、やめました。

「今度、近づいてきたら、もう何もあーげない。」と心に誓って。

その後、最近、獣使いにはまっていたので
獣使いになってロンフォールへ出てみた所、近くにさっきのクレクレエルさんの姿が!

よく見ると、今度は白魔道士になっているではありませんか!(爆

今度は、片手棍でもねだるのでしょうか?

「私、今、ケモリンです。武器は、オーキッシュアクスです。
 残念ながらこれは差し上げられません。」

撃退の言葉が頭をよぎりましたが、彼は、私にはきづいていないようでした。

最近、色々あるな^^;

いつもと違うヴァナ・ディール。
今宵は何が待ち受けているのでしょうか?

nice!(1)  コメント(0) 

はじまりの冒険者 ~追憶:探し物はなんですか?~ [記憶のかけら(FF11)]

エクセラです。

今回も、記憶のかけら(FF11)から、一人目のキャラクター(Raphiel)の体験記を掲載します。

2004/10/某日
私にとってのもう一つのヴァナ・ディール、
Alexanderサーバー(アレク)にまたふらりと訪れていました。

先日、久しぶりにお会いして
語らう時間を過ごした知り合いの方が
この日を最後に、FFから身を引かれるようだったので
お声をかけて、少し話しをしました。

知り合いの方に何も伝えないままSeraphサーバーに飛び出した時
不思議と寂しい気持ちは抱かなかったのに、今になって、寂しさに襲われます。

”私は、ここに何をしに、戻ってきたのだろう?”

またちょっと、心の迷路をさ迷いはじめました。

”探し物はなんですか?”
”見つけにくいものですか?”

そんな唄の歌詞がふいに頭をよぎりました。


2004/10/某日
週末の土曜日、ゆったりヴァナ・ディールで過ごそう。
Seraphだと、前向きにまっすぐ前を見つめられるから
今日はSeraphで行こう~!と思っていたのですが
なんとなく、体調が優れず、横になっていたら夜中まで寝てしまいました^^;
(途中、何度か目は覚ましましたが、起き上がる気力がありませんでした。)

夜中の2時半過ぎだったので、もう誰もいないだろうな…と思い
メールチェックや、こちらのみなさんの日記をチェックしていると
なんと! 座談会開催のお知らせが入ってた!!

けど、もう終ってる~(T-T)

残念だったけど、LSの方の日記を読ませてもらって、雰囲気だけ味わいました^^
次回は参加したいです。

昼間寝すぎたせいか、暫しぼ~っとしておりましたが
ふいに思い立って、またまたアレクサーバーにログイン。
(さすがに知り合いはもういなかったですね^^)

”探し物はなんですか?”

そう言えば、今の時間帯、シャクラミで種族装備が取れる時間だった気がする(爆
(…決して、種族装備に目がくらんでいるわけではないので誤解なきように^^;)

アレクサーバーに残してきた、忘れ物。

それは、いまだにふっきれない思い。
何もかも中途半端で放り出してきたから。
やり残してきたから。

だったら、せめてもう少し、きっちりと踏ん切りをつけておこう。
去るなら去るで最後を飾ろう。

じゃ、手始めに。
去年取ったシャクラミのカギを使ってみよう(爆)

初めて、カギ取りをしたシャクラミの地下迷宮。
当時は、まだ芋虫からしか、カギが出ず、
知り合いに誘われるがまま、わけも分からず参加していました。
(こんなのばっかり^^;)

そして、その時、目の前で繰り広げられた、獲物の奪い合いは
私にとって、とてもショックな光景で、今も忘れる事が出来ません。

昼から始めたカギ取りは、陽が暮れても続き
長い時間の死闘の末(モンスター相手というより・・・以下略)
手に入れた最後の1個のカギは私の分でした。

カギ取りに参加したメンバーの歓声が上がる中
私だけが、なんだか虚しい気持ちに駆られていました。

”思えば、あの日から色々と考えるようなっていた。”
”レベル上げも、その後からしなくなっていた。”
”カギは、その後、倉庫の片隅にしまいこんで、もう使うつもりはなかった。”

心に芽生えた”つっかかり”。
やがてそれはさらに大きく膨らんで
私が、一時期(2月~5月)FFを辞めてしまった理由の一つとなりました。

さてさて、今更過去を振り返っても何も意味がない。
時間は随分とかかったけれど、そろそろすっきりしよう。

この日、何ヶ月ぶりかに訪れた、アレクのシャクラミの地下迷宮。
時間が時間だけに人が少なかったのかもしれませんが
不思議と、種族装備狙いの人はいませんでした。
あの日の喧騒がまるで嘘の様に静かです。

宝箱は、すぐには見つからず、あっちこっち走りまわった末にようやく見つけました。
しかし、近くに、骨とか、サソリとかこうもりとかいっぱいいます^^;
でも、おかまいなしに開けました。

レベルは28に下がりましたけど、なんだかすっきりした気分でした。

…忘れ物はないように出かけたい。今はそんな気持ちです。

nice!(1)  コメント(0) 

記憶と引き換えに ~追憶:Seraph(セラフ)の地、私が目指したもの②~ [記憶のかけら(FF11)]

エクセラです。

相変わらず、掲載の時系列が無茶苦茶ですが
今回は、記憶のかけら(FF11)から、3人目のキャラクター(Phirament)の体験記を掲載します。

※異なるサーバーの日記ですが、内容は前回の記事と関連しています。


Seraphサーバーで所属したLSの過去の日記より。

--

サポ白のレベル上げに、久々にバルクルム砂丘でPTに参加しました。

白2人の構成のPTでゆったり狩れたのですが
PTメンバーの戦士さんがFFを初めて間もない方で
ひょっとしたら、初めてのPTだったかもしれず
挑発や、連携(WSも知らない感じでした)など分からない事だらけだったようで

「挑発してね」
「連携できる?」
「TP報告できる? マクロは組める?」
「TP貯まったら、手打ちでいいから教えて」

PTリーダーが、いろいろ教えてあげようと気を遣われていたのですが
その方にとってみれば逆効果だったようです。

「勉強し直して来ます。」

・・・

「PT抜けます」

PTみんなで慰め、一緒に練習しようと持ちかけたのですが駄目でした;;

セルビナまで同行し、最後に精一杯の応援をして見送りました。

そして、最後にPT解散時に使うお決まりの言葉。

「今度また一緒に組みましょう」

実際にまたPTで一緒に会う機会があるかは分からない。
私のように、一つ所で続けてレベル上げしないなら、なおさら・・・。

でも、いつか、きっと、その戦士の方が一回り成長された時に
またどこかでお迎えしてあげたいと思いました。



余談
私が始めて砂丘に来たのは、Alexanderサーバーの赤ヒュームがレベル11の時。
「サポアイテム取りにいこう」と誘われるがままに連れられて
とんぼや蟹や、夜にはグールを追いかけていた。
レベル11では、全く戦力外で、ただただ殺されないように必死だった。

結局、この日、サポアイテムはふんどしが手に入っただけだった。
バルクルム砂丘のマップも無い事にあとで気づいた。

「このままバスへ行こう」

”私は、ウィンダスに帰りたい・・・”
そう思ったけど、言えなかった。

初めて聞いた、グスタベルグの曲が、とても寂しげだった。

それからしばらくは(リアルで3週間ほど)、バストゥークで生活した・・・。

(帰り道が分からなくてウィンダスに帰れなかった^^;)
(この頃、ようやくウィンダスの街の繋がりと
サルタバルタ、ホルトトのMAPを覚えたばかりだった。
タロンギはまだ把握出来ていなかった。そこから先は未知の世界だった。)

何度かウィンダスへの逃避行を繰り返し、
コンシュタットでゴブリンに追いかけられ、魔法を使ってエレメンタルに殺され
砂丘のコウモリにやられ、その都度、わざわざバストゥークまで死に戻りしてました(爆

何も知らなかった頃の話、
今となっては笑い話としてヴァナ・ディールで語り継がれます。

こんな私と比べれば、バルクルム砂丘で会った戦士さんならきっと大丈夫^^

nice!(0)  コメント(0) 

はじまりの冒険者 ~追憶:いつまでも遠くから②~ [記憶のかけら(FF11)]

エクセラです。

今回も、記憶のかけら(FF11)から、一人目のキャラクター(Raphiel)の体験記を掲載します。

セラフサーバーで所属したLSメンバーに公開した2004年の日記より。

皆さん、こんにちは。フィラです。

低レベルジョブ祭り、とても楽しかったです。
次回(第4回)の開催は年明け以降不定期になりそうですが
これまで参加出来なかった方とも、また一緒に出来ればいいなと思います。

そして…。
個人的な事になりますが、今回のイベントで私の願いの一つも果たせました。
参加メンバーの皆様には、心より感謝致します。

願いと言っても、全然たいしたものではなく、
「タロンギで、PTをしたい」という、たったそれだけで
いくらでも野良PTを組めば出来るので、え!?って思われるかもしれませんね。

以下、ちょっと長文です。ご注意~^^;


昔、私が別サーバー(Alexander)でFFを始めて、まだ間もなかった頃。
前世の私(ウィンダス人)は、ヴァナ・ディールで一番最初のフレンド(白さん)と
お互い右も左も分からなかったから、ミッションとかクエこなしながら
一緒にサルタバルタ周辺を行動して、お互いレベルが10くらいになった時に
タロンギの地に足を踏み入れる事にしたのですが、この時はあまりにも無知で
タロンギに入って早々、エレメンタルに魔法感知されて殺されてしまいました。

魔法感知
http://wiki.ffo.jp/html/186.html

タロンギ大峡谷
http://ff11beginners.blog.fc2.com/blog-entry-7.html
※Hinakopan様、リンクさせていただきます。

何が起きたか理解できず、ログに表示されている見知らぬ敵の名前と
とんでもないダメージの数値に驚きながら、


「死なせてしまってすいません…、次の機会にリベンジしましょう。」
白さん
「今度はタロンギでPTしましょうね。
 タロンギには麒麟がいるそうですよ~。6人PTだと挑めるかな。」

そんな会話をして、その日は別れました。
…それが、白さんと行動した最後となりました。


私はその翌日、一緒にFFを始めた以前からの知り合いに誘われるまま
サポアイテム取りにバルクルムまで行く事になり、そのままバストゥークまで連れていかれました。
(結局、サポアイテムは何も取れなかったのですが。
 それ以前に当時の私は、サポアイテムが何か理解していませんでした。)

ウィンダスとその周辺のマップやモンスターの事を満足に知らなかった私では
いきなり連れられたバストゥークからウィンダスに戻る事は容易ではなく
それから、ウィンダスに戻るまでリアルで3週間を要しました。
(ただ、ウィンダスにもう一度戻りたい、
 その思いだけで、ウィンダスを目指し続けて
 馬鹿みたいにコンシュタットやバルクルムで死にまくってました^^;)
(インビジ、スニークの魔法もなく、テレポもない時代でした。)

インビジ
http://wiki.ffo.jp/html/1843.html

スニーク
http://wiki.ffo.jp/html/1844.html


私がウィンダスに戻った時、
白さんは別の知り合いにサンドリアまで連れて行かれた後でした。
後日、白さんからは”パパカ草”と最後のメッセージを頂きました。

最後のメッセージ
「ラファさん、いつまでも遠くから応援しています。」

”パパカ草”はタロンギの麒麟(ダルメル)がドロップするもの。
”パパカ草”には、”タロンギでPT”の意味が込められていると理解しました。

※白さんは私のことをラファさんとお呼びでした。
 (当時の私のキャラ名はラフィエル。)

果たせなかった、あの日の約束。
以前からの知り合いと、ヴァナ・ディールで知り合った方との間で揺れてしまった別サーバーでの私。

ずっと気にしていたけど、思いだけは果たせた気がします。
先代のキャラはこれでようやく成仏できます…。

(2004/9/某日)
プロマシアが出た後、お忍びでアレクサーバーに行ってみたら
フレンドリストに白さんの名前がある事に気づきました。
お元気そうでちょっと安心。私もいつまでも遠くからずっと応援しています。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。